安田 聡 Satoshi Yasuda

安田 聡

役職:
教授(医学系研究科)、科長

資格:
日本内科学会 認定医・指導医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会名誉専門医、Fellow of Japanese Circulation Society (FJCS 日本循環器学会 フェロー)、Fellow of Japanese College of Cardiology(FJCC日本心臓病学会 フェロー)、Fellow of the European Society of Cardiology (FESC 欧州心臓病学会 フェロー)、Fellow of the American Heart Association (FAHA 米国心臓協会 フェロー)

所属学会:
日本循環器学会(学術集会プログラム委員会委員、基本法・5か年計画検討委員会委員)、日本冠疾患学会(理事)、日本心臓病学会(監事)、日本性差医療学会(理事)、日本心血管インターベンション治療学会(代議員)

社会活動:
厚生労働省保険医療材料専門組織審査員、厚生労働省診療報酬調査専門組織 医療技術評価分科会 委員

経歴:

1987年3月 東北大学医学部 卒業
1987年4月 仙台市立病院内科 研修医
1989年5月 国立循環器病センター 心臓血管内科レジデント
1993年6月 東北大学医学部第一内科 大学院研究生
1994年7月 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)医学部研究員
1997年4月 国立循環器病センター 心臓血管内科 医師
2006年2月 東北大学病院循環器内科 助手(CCU主任)
2006年10月 東北大学大学院医学系研究科循環器先端医療開発学寄附講座助教授
2008年10月 東北大学大学院医学系研究科循環器内科学 准教授
2011年9月 国立循環器病研究センター心臓血管内科部門長
2016年2月 国立循環器病研究センター副院長 (心臓血管内科部門長・兼務)
2019年4月 国立循環器病研究センター副院長 (病院臨床研究推進センター長・兼務)
2020年8月 東北大学医学系研究科循環器内科学分野 教授

学術活動:
循環器領域における性差医療に関するガイドライン(JCS2008) 研究協力員
冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン・改訂(JCS2012) 班員
ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン・改訂(JCS2012) 班員
冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版)班員
ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン(2013年改訂版)研究協力員
災害時循環器疾患の予防・管理に関するガイドライン(JCS2014)班員
急性冠症候群(ACS)ガイドライン(2018年改訂版) 班員
冠動脈血行再建ガイドライン(2018年度改訂版:日本心臓血管外科学会合同) 班員
冠動脈疾患患者における抗血栓療法 2020年フォーカスアップデート版 作成委員
心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2020年改訂版)班員
循環器疾患における緩和ケアについての提言(2020年改訂版)班員

客員教授:
熊本大学(2012年~)、大阪大学・客員教授(2013年~)、京都大学・客員教授(2013年~)、慶応大学・客員教授(2014年~)、岡山大学・客員教授(2014年~)

主な研究テーマ:
① 虚血性心疾患に対する新たな診断・治療法の開発
② 炎症性心血管疾患の病態解明
③ 先制医療を実現する生体イメージング法の開発
④ 循環器疾患の発症・重症化予防のためのビッグデータ解析

主な受賞歴:

1993年 平和中島財団留学助成、日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成
1996年 上原記念生命科学財団ポストドクトラルフェローシップ
1998年 上原記念生命科学財団研究奨励賞
1999年 バイエル薬品・日本心臓財団研究奨励賞
1999年 バイエル薬品・木村記念財団研究奨励賞
2002年 ファイザー製薬・日本心臓財団心血管病研究助成
2011年 地域医学研究基金優秀賞
2016年 Global Science Forum 2016, BEST AWARD
2019年 European Society of Cardiology Hot Line Session (Presenter; AFIRE trial)

最近の代表的論文:
Yasuda S, et al. Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease. N Engl J Med. 2019 Sep 19;381(12):1103-1113.>>論文はこちらでご覧になれます