受診される方へ

5. なぜ症状が改善されるのですか?

近年、培養した血管の細胞に超音波を当てると、血管を増やす物質の産生が増えるという報告がありました。そこで、私たちの研究室では、これを狭心症の治療に応用できないかと考えました。研究を進めている過程で、ある特定の条件の超音波が血管増殖因子(毛細血管の発達を促す物質)の産生を増やすことを突き止めました。さらに、狭心症に似た状態のブタの心臓に、ある特定条件の超音波を当てて治療をおこなったところ、血の巡りが悪かった部分で、毛細血管の数が増えて血流や心臓の働きが改善することも明らかにしました。

なぜ症状が改善されるのですか?

以上のような結果から、ある特定条件の超音波を照射することにより、狭心症患者さんの血の巡りが悪い部分でも、毛細血管の数が増えて血流が改善して、狭心症発作の頻度が減ることが期待されます。