HOME > 受診される方へ > お元気ですかライン

受診される方へ

受診される方へ

お元気ですかライン

当科では、患者さんの快復・退院・転院後の予後の確認のために、最終ご来院日の1年後からご連絡差し上げる「お元気ですかライン」を実施いたしております。

調査の目的

この調査は、これまでに当院・当科の診療を受けられ、快復・転院その他の事情により1年以上音信が無い方々のその後の健康状態を把握し、予後情報として収集・分析することにより、より良い医療を追及するのと同時に、皆様の健康面においてわずかながらでも支えとなることを目的としております。

調査の方法

簡単なアンケートにお答えいただくだけです。(何か症状はあるか?など)
連絡方法は 手紙電話EメールFAX からお選びいただけます。
※初回時、または特にご指定のない方は手紙でのご連絡となります。
なお、この調査にかかる費用が患者さんに請求されることは一切ございません。
調査にかこつけて当院もしくは関係機関を騙り、金銭の振込み等を要求する手口の詐欺行為も充分考えられますのでご注意ください。
お答えいただいた内容は個人情報保護の原則に基づき、厳重に管理・保管させていただきます。

調査の対象者

  1. 過去に大学病院循環器(旧第一内科)に入院されたことのある方
  2. 本院他科に入院された際、循環器内科医の診察・加療を受けられた方
    (循環器内科に入院した覚えが無いのに連絡が届いた方はこれに当てはまります)

以上のいずれかに当てはまり、最終ご来院日から1年以上経過された方となります。
ただし、当科のCHART-2・SUPPORT試験、冠攣縮研究にご登録いただいている方はそちらでの追跡調査が優先されます。
事前にこちらで照合いたしますが、万一連絡があった場合はその旨お伝えください。

調査の時期

本調査は随時行っておりますが、調査用封書の発送や電話・Eメールのご連絡する時期は不定期です。また、調査の対象となる方の選定は封書等がお届きになる1〜3ヶ月ほど前の時点でのご来院状況を参照しておりますので、その間にご来院いただいた方には入れ違いとなってしまいます。ご容赦ください。その際はお手数ですが同封の返信用ハガキに「当院再通院中」とご記入いただき、ご返送いただけますと幸いです。

ご遺族の方へ

調査対象者がお亡くなりになられている場合は、大変恐縮ですがご遺族の方にその旨代筆いただけますと助かります。
また、その際には差支えのない範囲で結構ですので、お亡くなりになられた日付、死因、医療機関等の場所も併記していただけますと、調査も有意義なものとなり大変ありがたいです。
ご返信いただいた時点で調査終了とさせていただきます。

980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1 医学部2号館5階
東北大学病院循環器内科医局内 予後調査事務局
担当医師:高橋 潤
担当助手:加藤 豪

電話:月曜〜金曜 朝9時〜夕5時
(医局直通番号)022−717−7153
※ご連絡の際は「お元気ですかラインの件で」とお伝えください。

Eメールgenki@cardio.med.tohoku.ac.jp
※メールによる連絡をご希望の方はお手数ですがこちらのアドレスまでその旨お送りください。

FAX:022-717-7156(24時間受付)
※郵送された挨拶状裏のフォームにご記入・ご送信ください。

このページのTOPへ