HOME > NEWS > 2019年度

NEWS

NEWS

2019年度

血管拡張機序に関する国際学会(MOVD2019、5月20日~22日、オランダ・ロッテルダム)で、当科の下川教授が招待講演を行いました。また、当科の井汲陽祐(現県南中核病院)がYIA (Young Investigator Award)を受賞しました(3名のうちの一人)。

下川教授の講演タイトルは、以下の通りです。

Shimokawa H. NO and EDH in health and disease.

また、井汲の発表演題は、以下の通りです。

Ikumi Y. Important roles of endothelium-dependent hyperpolarization in coronary microcirculation and cardiac diastolic function in mice.
血管拡張機序に関する国際学会で当科の下川教授が招待講演、当科の井汲陽祐(現県南中核病院)がYIA (Young Investigator Award)を受賞 血管拡張機序に関する国際学会で当科の下川教授が招待講演、当科の井汲陽祐(現県南中核病院)がYIA (Young Investigator Award)を受賞
血管拡張機序に関する国際学会で当科の下川教授が招待講演、当科の井汲陽祐(現県南中核病院)がYIA (Young Investigator Award)を受賞 血管拡張機序に関する国際学会で当科の下川教授が招待講演、当科の井汲陽祐(現県南中核病院)がYIA (Young Investigator Award)を受賞

5月22日(水)に「第149回仙台心臓血管研究会(第61回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催しました。

慶応義塾大学 理工学部理数科学統計学関連研究所 准教授 林 賢一先生をお迎えして、5月22日に「第149回仙台心臓血管研究会(第61回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催しました。
『統計的リスクモデルの構築とその評価:ROC解析とその周辺』というテーマで、大変興味深いご講演を拝聴できました。 また医局員との活発な意見交換も行われました。
5月22日(水)に「第149回仙台心臓血管研究会(第61回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催 5月22日(水)に「第149回仙台心臓血管研究会(第61回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催

5月16日(木)に第5回心電図・心エコー勉強会を開催しました。

今回は「失神の心電図②徐脈」をテーマに開催しました。(講師:大山宗馬助教)

次回の第6回「胸痛の心電図」は、5月23日(木)19時より、同じく医学部第1講義室にて開催予定です。
5月16日(木)に第5回心電図・心エコー勉強会を開催 5月16日(木)に第5回心電図・心エコー勉強会を開催

第116回日本内科学会総会(4月26~28日、名古屋市)で、当科の迫田みく(専攻医)がプレナリー優秀演題賞を、建部俊介(院内講師)が優秀指導教官賞を受賞しました。

4月27日に開催されました第116回日本内科学会総会の「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2019」セッションにおきまして、当科専攻医の迫田みくがプレナリー優秀演題賞を受賞しました。
発表演題は以下の通りです。
迫田みく:
ファロー四徴症と低カルシウム血症から診断された22q11.2欠失症候群の成人例

また、迫田の指導をした院内講師の建部俊介が優秀指導教官賞に選ばれました。
2第116回日本内科学会総会(4月26~28日、名古屋市)で、当科の迫田みく(後期研修医)がプレナリー優秀演題賞を、建部俊介(院内講師)が優秀指導教官賞を受賞

「第149回仙台心臓血管研究会(第61回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催します。

場所:艮陵会館 2階大会議室
演題:「統計的リスクモデルの構築とその評価:ROC解析とその周辺」
講師:慶応義塾大学 理工学部数理科学統計学関連研究室
准教授 林 賢一先生
>>詳細はこちらをご覧下さい。PDF

5月11日(土)に第10回仙台冠攣縮研究会を開催しました。

第10回目の最終回となる今回の特別公演は、当科の下川宏明教授に「私の冠攣縮研究 -40年を振り返って- 」と題して講演を行っていただきました。
世界初の冠攣縮の動物モデルを作製しその分子機構が血管平滑筋収縮の分子スイッチであるRho-kinase の活性化であることを世界に先駆けて発見するとともに、全国規模の研究会を組織運営して冠動脈機能異常を持つ患者さんから得られたたくさんの知見を分かりやすく解説いただきました。
非常に多くの先生方にご参加いただきました。
5月11日(土)に第10回仙台冠攣縮研究会を開催 5月11日(土)に第10回仙台冠攣縮研究会を開催
5月11日(土)に第10回仙台冠攣縮研究会を開催 5月11日(土)に第10回仙台冠攣縮研究会を開催

5月9日(木)に第4回心電図・心エコー勉強会を開催しました。

今回は「失神の心電図①頻脈」をテーマに開催しました。(講師:西宮健介助教)

次回の第5回「失神の心電図②徐脈」は、5月16日(木)19時より、同じく医学部第1講義室にて開催予定です。
5月9日(木)に第4回心電図・心エコー勉強会を開催 5月9日(木)に第4回心電図・心エコー勉強会を開催

東北大学病院臨床研究推進センター広報誌「CRIETO Report」22号(春季号)に、冨永病院長と下川センター長の対談記事が掲載されました。

冨永新病院長と下川センター長が、CRIETOのこれまでの活動と今後の展望について対談しました。
>>記事はこちらからご覧いただけますPDF
>>CRIETO Reportはこちらからご覧いただけますPDF

4月25日(木)に第3回心電図・心エコー勉強会を開催しました。

今回は「動悸の心電図」をテーマに開催しました。(講師:長谷部雄飛助教)

次回の第4回「失神の心電図①頻脈」は、連休挟みまして5月9日(木)19時より、同じく医学部第1講義室にて開催予定です。
4月25日(木)に第3回心電図・心エコー勉強会を開催 4月25日(木)に第3回心電図・心エコー勉強会を開催

4月24日(水)に東北大学病院循環器生涯教育講座を開催しました。

2019年度第1回『循環器疾患における新展開:微小血管狭心症』(東北大学大学院医学系研究科 循環器内科学分野 教授 下川 宏明 )を開催しました。

次回、2019年度 第2回『エビデンスに基づく虚血性心疾患診療』(東北大学大学院医学系研究科 循環器内科学分野 講師 高橋 潤)は、2019年5月23日(木)に艮陵会館で開催します。皆様方のご参加をお待ちしております。
>>年間予定表はこちらからご覧いただけますPDF
4月24日(水)に東北大学病院循環器生涯教育講座を開催 4月24日(水)に東北大学病院循環器生涯教育講座を開催

4月22日(月)に「第148回仙台心臓血管研究会(第60回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催しました。

東京医科大学 医学教育推進センター 特任教授 山科 章先生をお迎えして4月22日に「第148回心臓血管研究会(第60回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催しました。

『人生100年時代:血管不全は予防医学のキーワード』というテーマで、大変興味深いご講演を拝聴できました。

また医局員との活発な意見交換も行われました。
4月22日(月)に「第148回仙台心臓血管研究会(第60回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催 4月22日(月)に「第148回仙台心臓血管研究会(第60回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催

今年度の「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました。

当科では、毎年4月に「臨床の達人」に特別回診・講演をお願いしています。

今年度は、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きしました。

山科先生は、研修医・学生に対して、豊富な臨床経験に裏打ちされた熱心なご指導をいただきました。

また、「プロフェッショナリズムについて」と題してディスカッションをしていただきました。
「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました 「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました
「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました 「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました
「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました 「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました
「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました 「臨床の達人」の特別回診として、東京医科大学医学教育推進センターの山科章特任教授をお招きし、研修医・学生に対するご指導をお願いしました

2019年4月22日 NT-proBNP換算式サイトを公開しました。

東北大学循環器内科ではこのほど「BNP 値から NT-proBNP 値への換算ツール」を開発し、本HP上に公開しました。血液中の BNP と NT-proBNP は、心不全の診断や予後の予測のためのバイオマーカーとして医療の現場で広く使われてますが、これまで両者間に信頼性の高い換算式はありませんでした。この「BNP 値から NT-proBNP 値への換算ツール」を皆様の日常診療にお役立ていただければ幸いです。

>>換算式サイトはこちら
※  本換算ツールに基づく換算値はあくまで推定値であり、その値に法的責任は請負いかねます。
※※ 本換算ツール開発の詳細をお知りになりたい方は以下の論文をご覧ください。
Kasahara S, Sakata Y, Nochioka K, Miura M, Abe R, Sato M, Aoyanagi H, Fujihashi T, Yamanaka S, Shiroto T, Sugimura K, Takahashi J, Miyata S, Shimokawa H. Conversion formula from B-type natriuretic peptide to N-terminal proBNP values in patients with cardiovascular diseases. Int J Cardiol. 2019;280:184-189.
>>論文はこちらPDF

4月18日(木)に第2回心電図・心エコー勉強会を開催しました。

「健康診断で診る心電図②異常心電図」をテーマに開催しました。

(講師:山本沙織助教)

次回の第3回「動悸の心電図」は、4月25日(木)19時より、同じく医学部第1講義室にて開催予定です。

4月18日(木)に第2回心電図・心エコー勉強会を開催 4月18日(木)に第2回心電図・心エコー勉強会を開催

2019年4月19日 東北大学病院循環器内科広報誌『HEART』第52号を発行しました。

HEART 画像をクリックすると
『HEART』第52号がご覧になれます。
(PDFファイルPDF 607KB)
>>バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

当科の下川宏明教授が平成31(2019)年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)を受賞しました。

業績名は、「虚血性心臓病の病態解明に関する基礎的・臨床的研究」です。

本日、文部科学省において表彰式が行われました。

下川教授は、平成26(2014)年に音波を用いた先端医療の開発で文部科学大臣表彰(科学技術賞・開発部門)を受賞しており、今回が2回目の受賞です。

>>表彰内容はこちらをご覧くださいPDF

下川宏明教授が平成31(2019)年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)を受賞 下川宏明教授が平成31(2019)年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・研究部門)を受賞

「第148回心臓血管研究会(第60回先進循環器研究コアセンター研究会)」を開催します。

場所:艮陵会館2階大会議室
演題:「人生100年時代:血管不全は予防医学のキーワード」
講師:東京医科大学 医学教育推進センター
   特任教授 山科 章 先生
>>詳細はこちらをご覧下さい。PDF

4月11日(木)に、2019年度第1回心電図・心エコー勉強会を開催しました。

第1回心電図・心エコー勉強会「健康診断で診る心電図①基本」を開催しました。(講師:進藤智彦助教)
次回「健康診断で診る心電図②異常心電図」は、4月18日(木)19時より、同じく医学部第1講義室にて開催予定です。
4月11日(木)に、2019年度第1回心電図・心エコー勉強会を開催 4月11日(木)に、2019年度第1回心電図・心エコー勉強会を開催

4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を行いました。

多くの教室員・病棟スタッフが参加して、大変盛況でした。
また、学生さんにも参加していただき、教室員との交流を深めました。
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
学生さん(5年生)
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
学生さん(6年生)
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
当科ローテート中の初期研修医
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
新人看護師さん
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
新入局員
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催
 
4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催 4月8日(月)に西公園で恒例の教室の花見を開催

第9回フリーラジカル研究アジア部会(4月4日~7日、京都)で、当科研究員のMohammed Abdul Hai SiddiqueがYIA (Young Investigator Award)を受賞しました。

発表演題のタイトルは以下の通りです。
Siddique MAH: Identification of emetine as a novel therapeutic agent for pulmonary arterial hypertension -Successful drug-repositioning for the old drug-
部会のHPは以下の通りです。
(URL) https://convention.jtbcom.co.jp/sfrrasia2019/index.html
第9回フリーラジカル研究アジア部会(4月4日~7日、京都)で、当科研究員のMohammed Abdul Hai SiddiqueがYIA (Young Investigator Award)を受賞 第9回フリーラジカル研究アジア部会(4月4日~7日、京都)で、当科研究員のMohammed Abdul Hai SiddiqueがYIA (Young Investigator Award)を受賞
 

このページのTOPへ