HOME > 学生・研修医の方へ > 大学院生募集

学生・研修医の方へ

学生・研修医の方へ

大学院生募集当科における研修についてQ&A形式でお答えします。

Q1.教授の専門分野はどのような研究ですか?
A下川宏明教授は主として3つのテーマで研究を行っています。

(1)動脈硬化・冠動脈攣縮の分子機構の解明
このテーマには、研究生時代から長年取り組んできています。
日本人の虚血性心臓病の大きな特徴の一つに冠動脈攣縮の関与が大きいことがあげられるが、その分子機構は不明でした。 1983年に、実験動物(ミニブタ)の冠動脈硬化病変にヒトに酷似した冠動脈攣縮を誘発することに世界で初めて成功し、 冠動脈攣縮部位と初期冠動脈硬化病変部位の一致を組織学的にも明らかにしました(Science, 1983)。
その後の研究で、冠動脈硬化と冠動脈攣縮の両方の分子機構にRho-kinaseの活性化が深く関与していることを明らかにし、 国産の選択的Rho-kinase阻害薬の開発につながりました。今後、虚血性心臓病や肺高血圧症を対象に全国規模の臨床治験を実施していく方針です。

(2)血管内皮        
このテーマには、米国留学以来、取り組んできています。
血管内皮は、3種類の血管弛緩因子を産生放出して血管機能の恒常性の維持に極めて重要な働きをしています。 このうちの2つの弛緩因子(プロスタサイクリン・一酸化窒素) の同定に対してはノーベル賞が授与されています。残りの一つは、内皮由来過分極因子 (EDHF)と呼ばれているが、その本体は複数ある可能性があります。下川教授らは、その本体の一つが、生理的濃度で内皮から産生される過酸化水素であることを、初めて明らかにしました (J Clin Invest, 2000,2003)。現在、世界中で我々の説を支持する発表が増えています。一酸化窒素(NO)の発見の場合と似ていますが、酸化ストレスの面ばかりが強調されてきた過酸化水素が、生理的濃度では非常に重要な生体保護的役割をしていることを示す好例です。今後、新たな治療法の開発につなげていくことを検討中です。

(3)医工連携による先端医療の開発       
このテーマには、2000年から取り組んできています。
具体的には、低出力体外衝撃波を用いた虚血性心臓病に対する非侵襲性治療とナノ医療(診断・治療)の開発に取り組んでいます。前者に関しては、ブタを用いた基礎研究でその有効性と安全性を確認しました(Circulation, 2004)。臨床試験は、 第一次試験を九州大学で行い、有効性と安全性を確認しました。東北大学病院倫理委員会で第二次の臨床試験が承認され、既に開始しています。今後、東北大学発の先端医療の一つとして開発していきたいと考えています。後者に関しては、血管壁の性状(例:内皮剥離部位、炎症部位)を感知する核磁気共鳴装置(MRI)用機能化造影剤やナノカプセルを 用いたナノ治療の開発などを開発してきています。

上記の3研究は、いずれも独創的な研究で、世界的にも評価を受けております。

今後も、東北大学循環器内科学教室から、世界に向けて独創的な研究成果を発信していきたいと考えています。

下川教授が2006年度の米国心臓協会(American Heart Association, AHA) 学会賞を受賞しました。
当科の下川宏明教授が、世界最大規模である米国心臓協会(AHA)の2006年度の学会賞(動脈硬化部門、Jeffrey M. Hoeg award)を受賞し、 2006年4月29日に米国で受賞記念講演を行いました。
受賞理由は、長年の心臓病学・動脈硬化学・血管生物学に対する基礎的・臨床的研究による貢献が高く評価されたものであります。
学会で配られたプログラムはこちらからご覧になれます。PDF


Q2.教授の研究活動を教えてください。
A 研究費としましては文科省科研費、厚生労働省科研費、科学技術振興調整費、医薬品機構、各種受託研究費などがあります。
学会活動では、アメリカ心臓協会(American Heart Association、AHA)、ヨーロッパ心臓病学会(European Society of Cardiology、ESC),アメリカ生理学会(American Physical Society、APS)、日本循環器学会、日本内科学会、日本心臓病学会、日本動脈硬化学会、日本脈管学会など3の欧米学会、14の日本国内学会での評議員、理事として活躍しています。
学術活動として、Circulation Journal(日本循環器学会、学会誌)のEditor-in-Chief(編集長)やEuropean Heart Journal (ヨーロッパ心臓病学会、学会誌)のAssociate Editor(副編集長)をはじめ、Circulation, ATVB, Am J Physiol, J Cardiovasc Pharmacol.などの国際誌5誌、国内誌5誌のEditorial Boardmember(編集委員)の他、国際誌25誌、国内誌1誌のReviewers(査読)も行っております。
加えて、香港大学、Iowa大学、 Mayo Clinicの海外客員教授を併任しています。
Q3.そのほかの先生の専門はどうですか?
Q4.大学院修了後はどのような進路がありますか?
A基本的に一人一人の希望を重視しております。
  • 関連基幹病院にてadvanced cardiologyの習得後、就職
  • 東北大学または他の施設で基礎・臨床研究を続ける
  • 外国留学・国内留学(国立循環器病センターなど)
  • その他の進路(行政、医薬品メーカー研究所、等)があります。
Q5.将来留学を考えていますが、できますか?
A基本的に留学を希望する方の希望を重視しています。

下川教授との親交のある大学、施設としましては、

  • メイヨークリニック(Katusic教授、Miller教授)
  • ハーバード大学(Libby教授、Liao準教授)
  • ボストン大学(Cohen教授)
  • スタンフォード大学(Cooke教授)
  • ロチェスター大学(Berk教授)
  • アイオワ大学(Heistad教授)
  • エモリー大学(Harrison教授)
  • ルイジアナ州立大学(Chilian教授)
  • チーリッヒ大学(Luscher教授)などがあります。

また、ここ5年間で次のような大学への留学をしています。
ワシントン大学、コロンビア大学、フロリダ大学、ロチェスター大学、ルイジアナ州立大学、ボストン大学などです。

Q6.これまでの教室の研究業績を教えて下さい。
Q7.平成19-29年度の教室員の先生の受賞歴を教えて下さい。
A <平成29年度>
(1)佐藤公雄(准教授):第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 学会賞(八巻賞)
(2)菊地順裕(研究員):第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 YIA最優秀賞
(3)佐藤大樹(大学院生):第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 YIA優秀賞
(4)黒澤亮(大学院生):第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 YIA優秀賞

<平成28年度>
(1)辻薫菜子(大学院生):第8回アジア太平洋心不全学会(APCHF2016) Clinical Research部門 会長賞
(2)菊地順裕(大学院生):AHA 2016 ATVB/PVD Council Scientific Sessions Travel Award
(3)神戸茂雄(助教):第9回国際NO学会学術集会 YIA最優秀賞
(4)小鷹悠二(大学院生):第162回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(5)但木壯一郎(気仙沼市立病院):第22回日本心臓リハビリテーション学会 YIA優秀賞
(6)竹内雅史(大学院生):第22回日本心臓リハビリテーション学会 YIA最優秀賞
(7)松本泰治(院内講師):日本心臓リハビリテーション学会 第13回木村登賞(学会賞)
(8)大山宗馬(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会 YIA
(9)宇塚裕紀(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会 ベストポスター賞
(10)大村淳一(大学院生):第1回日本肺高血圧・肺循環学会学会 YIA優秀賞
(11)進藤智彦(助教):American Heart Association(AHA) ATVB Travel Award
(12)大山宗馬(大学院生):American Heart Association(AHA) ATVB Travel Award
(13)大村淳一(大学院生):American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)
(14)佐藤大樹(大学院生):American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)
(15)黒澤 亮(大学院生):American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)
(16)Siddique M(大学院生):American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)
(17)佐藤公雄(准教授):American Heart Association(AHA) Best Reviewers Award
(18)紺野 亮:第163回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞
(19)辻薫菜子:第163回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(20)後岡広太郎(特任講師):宮城県医師会医学奨励賞銀賞
(21)後岡広太郎(特任講師):東北大学医学部奨学賞銀賞
(22)建部俊介(院内講師):東北医学会奨学賞
(23)須田 彬(大学院生):第10回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞
(24)崔元吉(大学院生):第30回日本内科学会奨励賞

<平成27年度>
(1)小野瀬剛生(大学院生):第160回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(2)斎藤大樹(大学院生):第15回日本NO学会学術集会 YIA優秀賞
(3)金澤正範(大学院生):第21回日本心臓リハビリテーション学会総会YIA最優秀賞
(4)矢尾板信裕(大学院生):平成27年度 若手研究者による臨床応用研究推進プログラム
(5)鈴木康太(大学院生):第19回日本心不全学会学術集会 基礎研究部門若手研究者賞(YIA)
(6)瀬川将人(大学院生):第161回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞
(7)神津克也(大学院生):第161回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞
(8)坂田泰彦(准教授):平成27年度医学部奨学賞金賞
(9)崔元吉(大学院生):第9回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞
(10)辻薫菜子(大学院生):第9回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞
(11)須田彬(大学院生):第39回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)東北地方会 優秀演題賞
(12)神戸茂雄(助教):第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award
(13)西宮健介(助教):第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award
(14)鈴木秀明(助教):第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award

<平成26年度>
(1)下川宏明(教授)、伊藤健太(准教授):文部科学大臣表彰「科学技術賞・開発部門」
(2)佐藤公雄(准教授):Circulation Journal Award (日本循環器学会・論文賞)
(3)佐藤公雄(准教授):アメリカ心臓協会(AHA) PVD Mid-Career Investigator Award
(4)神戸茂雄(大学院生):第14回日本NO学会学術集会 YIA最優秀賞
(5)長谷部雄飛(助教):第158回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞
(6)山内毅(大学院生):第158回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞
(7)鈴木秀明(助教):第56回日本老年医学会学術集会優秀演題賞
(8)下川宏明:ヨーロッパ心臓病学会(ESC)学会賞 William Harvey Lecture Award
(9)西宮健介(助教):ヨーロッパ心臓病学会 YIA
(10)池田尚平(岩手県立中央病院):第18回日本心不全学会学術集会 基礎研究部門若手研究者賞(YIA)
(11)牛込亮一(大学院生):第18回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門若手研究者賞(YIA)
(12)佐藤公雄(准教授):Top Reviewers Award of ATVB (AHA)
(13)神戸茂雄(大学院生):American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators
(14)西宮健介(助教):American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB best scientific abstract
(15)進藤智彦(大学院生):American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators
(16)宇塚裕紀(大学院生):American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators
(17)矢尾板信裕(助教):第159回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(18)羽尾清貴(助教):第8回日本性差医学・医療学会学術集会 最優秀演題賞
(19)矢尾板信裕(助教):第44回日本心脈管作動物質学会学術集会 若手研究者賞(YIA)

<平成25年度>
(1)野田一樹(大学院生):第13回日本NO学会学術集会 Young Investigator Award
(2)高田剛史(大学院生):第19回日本心臓リハビリテーション学会 若手研究者賞
(3)川名暁子(大学院生):第23回宮城県女医会研究助成
(4)羽尾清貴(助教):第61回日本心臓病学会 YIA優秀賞
(5)西宮健介(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会 YIA
(6)西宮健介(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会 Best Poster Award
(7)佐藤公雄(准教授):2013 Top 10 Reviewers Award of ATVB (AHA)
(8)佐藤公雄(准教授):日本医師会医学研究奨励賞
(9)西宮健介(大学院生):American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators
(10)鈴木秀明(助教):第17回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門YIA最優秀賞
(11)後岡広太郎(助教):第17回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門YIA優秀賞
(12)大村淳一(大学院生):第157回日本循環器学会東北地方会 YIA症例発表部門最優秀賞
(13)後岡広太郎(助教):第157回日本循環器学会東北地方会 YIA研究発表部門最優秀賞
(14)佐藤公雄(准教授):平成25年度医学部奨学賞金賞
(15)西宮健介(大学院生):第8回高血圧と冠動脈疾患研究会奨励賞
(16)佐藤公雄(准教授):2014 Best Reviewers Award of Circulation Journal(日本循環器学会)
(17)高田剛史(大学院生):日本疫学会学術集会優秀演題賞
(18)下川宏明(教授):Glass Memorial Lecture Award

<平成24年度>
(1)二瓶太郎(大学院生):第154回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞
(2)西宮健介(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会YIA(Coronary Pathophysiology and microcirculation部門若手研究者賞)
(3)青木竜男(助教):第60回日本心臓病学会YIA
(4)松本泰治(院内講師):平成24年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム
(5)下川宏明(教授):日本医師会医学賞
(6)後岡広太郎(助教):ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成
(7)三浦正暢(助教):第155回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(8)高橋貴久代(大学院生):Top-5 abstracts, International Forum American Heart Association (AHA) 2012 Scientific Sessions
(9)三浦正暢(助教):第6回日本性差医学・医療学会学術集会 最優秀演題賞
(10)清水亨(大学院生):第42回日本心脈管作動物質学会YIA
(11)Alia Ellawindy(大学院生):第77回日本循環器学会学術集会 国際留学生YIA最優秀賞

<平成23年度>
(1)佐藤公雄(助教):日本脈管学会 Japanese College of Angiology Award (JCAA) (最優秀賞)
(2)佐藤公雄(助教):第37回日本心臓財団研究奨励賞
(3)松本泰治(助教):第17回日本心臓リハビリテーション学会若手優秀演題セッション最優秀賞
(4)高木祐介(大学院生):ヨーロッパ心臓病学会YIA(臨床研究部門若手研究者賞)
(5)菊地翼(山形県立中央病院):第153回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(6)近藤正輝(大学院生):第153回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞
(7)高木祐介(医員):平成23年度東北医学会奨学賞
(8)青木竜男(大学院生):第5回日本性差医学・医療学会学術集会最優秀演題賞

<平成22年度>
(1)佐藤公雄(助教):国際Nitric Oxide学会 Young Investigator Award (最優秀賞)
(2)佐藤公雄(助教):Asian Society for Vascular Biology, Young Investigator Award
(3)圓谷隆治(助教):第150回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞
(4)青木竜男(大学院生):第150回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞
(5)宮道沙織(大学院生):第151回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞
(6)前田恵(研修医):第151回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞
(7)瀧井暢(大学院生):日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 2010年優秀論文賞(臨床研究部門)
(8)王碗亭(大学院生):第75回日本循環器学会 国際留学生Young Investigator's Award

<平成21年度>
(1)柴信行(寄附講座准教授):ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成金
(2)佐藤公雄(助教):日本心臓財団・Novartis研究助成優秀賞
(3)佐藤公雄(助教):アストラゼネカ研究助成
(4)佐藤公雄(助教):東北大学病院 平成21年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム
(5)佐藤公雄(助教):先進医薬研究振興財団 第8回 循環医学分野 萌芽研究助成
(6)佐藤公雄(助教):日本血管生物医学会、Young Investigator Award (最優秀賞)
(7)佐藤公雄(助教):木村記念循環器財団 バイエル臨床血管機能研究助成(優秀賞)
(8)佐藤公雄(助教):持田記念医学薬学振興財団研究奨励賞
(9)佐藤公雄(助教):アメリカ心臓協会(AHA)、Melvin L. Marcus Young Investigator Award
(10)佐藤公雄(助教):国際心臓研究学会(ISHR)、Young Investigator Award (優秀賞)
(11)佐藤公雄(助教):平成21年度 宮城県医師会奨学賞(銀賞)
(12)佐藤公雄(助教):平成21年度 東北大学医学部奨学賞(銀賞)
(13)佐藤公雄(助教):日本循環器学会 Young Investigator Award
(14)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(寄附講座助手):東北大学藤野先生記念奨励賞
(15)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(寄附講座助手):平成21年度東北医学会奨学賞
(16)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(寄附講座助手):日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 最優秀論文賞(臨床研究部門)
(17)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(寄附講座助手):日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 2009年最優秀論文賞(臨床研究部門)
(18)高木祐介(大学院生):第149回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞
(19)清水亨(大学院生):第149回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞

<平成20年度>
(1)中野誠(助教):第73回日本循環器学会Young Investigator's Award
(2)伊藤愛剛(大学院生):第147回日本循環器学会東北地方会Young Investigator's Award最優秀賞
(3)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(大学院生):第73回日本循環器学会 国際留学生Young Investigator's Award
(4)高木文(研究員):第8回日本NO学会学術集会Young investigator Award

<平成19年度>
(1)加賀谷豊(特命教授):平成19年度宮城県医師会奨学賞金賞、平成19年度東北大学医学部奨学賞金賞
(2)伊藤健太(講師):東北大学病院平成19年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム
(3)中野誠(助教):平成19年度東北大学総長賞
(4)福井重文(助教):第37回日本心脈管作動物質学会奨励賞
(5)多田智洋(大学院生):第37回に本心脈管作動物質学会
(6)珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ)(大学院生):第1回東北大学肺高血圧国際ワークショップbest abstract award
Q8.生活していけるのでしょうか?
A生活には困らない様に医局で責任を持って対応させていただきます。

詳細はお問い合わせください。

Q9.願書の入手方法を教えて下さい。
A東北大学大学院医学系研究科・医学部のホームページ

http://www.med.tohoku.ac.jp/index-j.html より入手ください。

Q10.研究室を見学したいのですが、問い合わせ先は?
A東北大学循環器内科医局長  杉村宏一郎  までお気軽にお問い合わせ下さい.

このページのTOPへ