HOME > 教室紹介 > 受賞

教室紹介

教室紹介

受賞

2017年 2016年 2015年
2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年
2005年    

2017年
  1. 崔元吉:急性心筋梗塞発症率及び院内死亡率の経年変化に関する検討-Miyagi AMI Registry Study (1985-2014)からの報告-. 第30回内科学会奨励賞(2017年4月14日)
  2. 佐藤公雄:Development of novel therapies for cardiovascular diseases by clinical application of beasic research. 第81回日本循環器学会学術集会 日本心臓財団佐藤賞(2017年3月18日)
  3. 菊地順裕:Selenoprotein P promotes pulmonary arterial smooth muscle cell proliferation and pulmonary arterial hypertension. 第81回日本循環器学会学術集会 YIA基礎研究部門(2017年3月18日)
  4. 小鷹悠二:Plasma concentration of serotonin is a novel biomarker for coronary microvascular dysfunction in patients with suspected angina and unobstructive coronary arteries. 第81回日本循環器学会学術集会 YIA臨床研究部門(2017年3月18日)
  5. Mohamed Siddique:Identification of emetine as a novel therapeutic agent for pulmonary hypertension in rats -High-throughput screening of 5,562 compounds- 第81回日本循環器学会学術集会 国際留学生YIA(2017年3月18日)
  6. 鈴木秀明:Hippocampal blood flow abnormality associated with depressive symptoms and cognitive impairment in patients with chronic heart failure.第81回日本循環器学会学術集会 Circulation Journal Award(2017年3月18日)
  7. 須田彬:冠攣縮性狭心症患者における冠微小血管機能障害の性差についての検討.第10回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞(2017年1月28日)
  8. 後岡広太郎:左室駆出率が保持された心不全に対する有効な治療戦略の探索:大規模観察研究CHART-2 Studyからの知見. 東北大学医学部奨学賞銀賞(2017年1月20日)
  9. 建部俊介:肺高血圧症の新たな画像診断法および予後に関する臨床研究. 東北医学会奨学賞(2017年1月20日)
  10. 後岡広太郎:左室駆出率が保持された心不全に対する有効な治療戦略の探索: 大規模観察研究CHART-2 Studyからの知見. 宮城県医師会医学奨励賞銀賞(2017年1月5日)
2016年
  1. 紺野 亮:心室細動で発症し冠攣縮性狭心症と肺高血圧症を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の1例. 第163回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞(2016年12月3日)
  2. 辻薫菜子:慢性心不全患者において左室駆出率の変化が予後に及ぼす影響 ―CHART-2研究からの報告―. 163回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞(2016年12月3日)
  3. 佐藤公雄:Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology. American Heart Association(AHA) Best Reviewers Award(4年連続)(トップ10名の一人)(2016年11月16日)
  4. 佐藤公雄:Circulation Research. American Heart Association(AHA) Best Reviewers Award(2年連続)(トップ5名の一人)(2016年11月16日)
  5. 進藤智彦:Molecular mechanisms for low-intensity pulsed ultrasound-induced angiogenesis: evaluation of mechanotransduction in vitro. American Heart Association(AHA) ATVB Travel Award(2016年11月16日)
  6. 大山宗馬:Evidence for involvement of inflammatory changes of perivascular adipose tissue in the pathogenesis of coronary hyperconstricting responses induced by drug-eluting stent in pigs in vivo -impact of fluorodeoxyglucose positron emission tomography imaging-.American Heart Association(AHA) ATVB Travel Award(2016年11月16日)
  7. 大村淳一:A disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs 8 downregulates AMP-activated protein kinase and promotes matrix metalloproteinases activation and pulmonary hypertension.American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)(2016年11月16日)
  8. 佐藤大樹:Thrombin activatable fibrinolysis inhibitor promotes development of chronic thromboembolic pulmonary hypertension -a possible novel therapeutic target-.American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)(2016年11月16日)
  9. 黒澤 亮:Celastramycin inhibits pulmonary arterial smooth muscle cell proliferation and ameliorates hypoxia-induced pulmonary hypertension in mice.American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)(2016年11月16日)
  10. Siddique Mohammad Abdul Hai:Identification of emetine as a novel therapeutic agent for pulmonary hypertension in rats -high-throughput screening of 5,562 compounds-.American Heart Association(AHA) 3CPR Junior Investigator Travel Stipend (Award)(2016年11月16日)
  11. 大村淳一:AMPK の肺高血圧症発症に対する抑制機構の解明. 第1回日本肺高血圧・肺循環学会学会 YIA優秀賞(2016年10月2日)
  12. 大山宗馬:Evidence for involvement of inflammatory changes of perivascular adipose tissue in the pathogenesis of DES-induced hyperconstricting responses in pigs in vivo -Impact of 18F-FDG PET imaging-. ヨーロッパ心臓病学会 YIA (2016年8月31日)
  13. 宇塚裕紀: Renal denervation suppresses coronary hyperconstricting responses after DES implantation in pigs in vivo -Evidence for the kidney-brain-heart interactions-. ヨーロッパ心臓病学会 ベストポスター賞 (2016年8月31日)
  14. 松本泰治:心臓弁膜症・大血管疾患に対する運動療法の予防効果. 日本心臓リハビリテーション学会 第13回木村登賞(学会賞) (2016年7月17日)
  15. 竹内雅史:大動脈瘤・解離に対する術前からの呼吸リハビリテー ションは周術期呼吸器合併症を減少する. 第22回日本心臓リハビリテーション学会 YIA最優秀賞(2016年7月17日)
  16. 但木壯一郎:心不全患者およびハイリスク群における運動阻害因子の検討 ―全国多施設共 同コホート研究より―. 第22回日本心臓リハビリテーション学会 YIA優秀賞(2016年7月17日)
  17. 小鷹悠二:血漿セロトニン濃度は冠微小血管障害を反映する. 第162回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞(2016年6月4日)
  18. 神戸茂雄:Physiological balance between nitric oxide and endothelium-dependent hyperpolarization play important roles in microvascular homeostasis in mice. 第9回国際NO学会学術集会 YIA最優秀賞(2016年5月20日〜22日)
  19. 菊地順裕:Selenoprotein P promotes vascular smooth muscle proliferation and pulmonary hypertension -A possible novel therapeutic target-.AHA 2016 ATVB/PVD Council Scientific Sessions Travel Award(2016年5月7日)
  20. 辻薫菜子:Evidence for a Distinct Entity of Heart Failure with Preserved Ejection Fraction from That with Reduced Ejection Fraction -A Report from the CHART-2 Study. 第8回アジア太平洋心不全学会(APCHF2016) Clinical Research部門 会長賞(2016年4月15日)
  21. 鈴木秀明:Hippocampus Abnormalities are Associated with Depressive Symptoms and Cognitive Impairment in Patients with Chronic Heart Failure. 第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award(2016年3月18日)
  22. 西宮健介:Enhanced Adventitial Vasa Vasorum Formation in Patients with Vasospastic Angina ―Assessment with Optical Frequency Domain Imaging― 第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award(2016年3月18日)
  23. 神戸茂雄:Disruption of Physiological Balance between Nitric Oxide and Endothelium-dependent Hyperpolarization Impairs Cardiovascular Homeostasis in Mice. 第80回日本循環器学会学術集会 Young Investigator Award(2016年3月18日)
  24. 須田彬:外傷性くも膜下出血と急性心筋 梗塞を合併した一例. 第39回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)東北地方会 優秀演題賞(2016年2月13日)
  25. 辻薫菜子:わが国における左室駆出率が保たれた心不全患者の臨床的特徴における性差−CHART-2研究からの知見−. 第9回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞(2016年1月31日)
  26. 崔元吉:急性心筋梗塞発症率及び院内死亡率の経年変化の性差に関する検討ーMiyagi AMI Registry Study (1985-2014)からの報告ー. 第9回日本性差医学・医療学会 最優秀演題賞(2016年1月31日)
  27. 坂田泰彦:大規模臨床研究による日本の慢性心不全診療の実態解明とエビデンスの構築. 平成27年度医学部奨学賞金賞(2016年1月15日)

このページのTOPへ

2015年
  1. 神津克也:多発性硬化症の脳幹病変によるたこつぼ心筋症の一例. 第161回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞(2015年12月5日)
  2. 瀬川将人:心臓サルコイドーシスにおけるステロイド治療開始後の心室性不整脈の経時的特徴と影響因子に関する検討. 第161回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞(2015年12月5日)
  3. 鈴木康太 : Suzuki K, Satoh K, Omura J, Sato T, Kudo S, Otsuki T, Shimokawa H. Basigin promotes cardiac fibrosis and failure in response to chronic pressure-overload in mice. 第19回日本心不全学会学術集会 基礎研究部門若手研究者賞(YIA) (2015年10月24日)
  4. 矢尾板信裕 : 致死性疾患・肺塞栓性の発症前診断と早期治療介入を可能とする革新的臨床応用研究. 平成27年度 若手研究者による臨床応用研究推進プログラム(2015年8月7日)
  5. 金澤正範:トレッドミル運動療法は心筋梗塞後の骨密度低下を予防する−心筋梗塞マウスモデルでの検討−.第21回日本心臓リハビリテーション学会総会YIA最優秀賞(2015年7月19日)
  6. 斎藤大樹:血管内皮における Caveolin-1/内皮型一酸化窒素合成酵素複合体の形成がEDHを介した微小循環の恒常性 の維持に重要である. 第15回日本NO学会学術集会 YIA優秀賞(2015年6月26日)
  7. 小野瀬剛生 : 心臓病患者における東日本大震災後の心的外傷後ストレス障害の経時変化と予後に及ぼす影響の検討 . 第160回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞(2015年6月6日)
  8. 矢尾板信裕 : 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の新規病因蛋白TAFIの発見とその機能的意義. 第44回日本心脈管作動物質学会学術集会 若手研究者賞(YIA) (2015年2月7日)
  9. 羽尾清貴 : 急性心筋梗塞発症率と院内死亡率の経年変化における性差の検討 ―MIYAGI AMI Registry Studyからの報告― 第8回日本性差医学・医療学会学術集会 最優秀演題賞 (2015年2月1日)

このページのTOPへ

2014年
  1. 矢尾板信裕 : 慢性血栓塞栓性肺高血圧症における血小板活性化と線溶能低下の関与. 第159回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞(2014年12月6日)
  2. 進藤智彦 : Low-Intensity Pulsed Ultrasound Ameliorates Left Ventricular Dysfunction in a Porcine Model of Chronic Myocardial Ischemia -Potential Involvement of Mechanotransduction- American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators (2014年11月18日)
  3. 宇塚裕紀 : Involvement of Adventitial Vasa Vasorum and Sympathetic Nerves in Coronary Hyperconstricting Responses after Drug-eluting Stent Implantation in Pigs in Vivo. American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators (2014年11月18日)
  4. 西宮健介 : Enhanced adventitial vasa vasorum formation in patients with vasospastic angina -Assessment with optical frequency domain imaging- American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB best scientific abstract (2014年11月17日)
  5. 神戸茂雄 : Physiological Balance Between Nitric Oxide and Endothelium-Derived Hyperpolarizing Factor Plays a Crucial Role in Cardiovascular Homeostasis. American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators (2014年11月17日)
  6. 佐藤公雄 : Top Reviewers Award of ATVB (AHA) (2014年11月16日)
  7. 池田尚平 : Ikeda S, Satoh K, Kikuchi N, Miyata S, Suzuki K, Omura J, Shimizu T, Fukumoto Y, Sakata Y, Shimokawa H. Crucial role of Rho-kinase in pressure-overload-induced Right ventricular hypertrophy and dysfunction in mice. 第18回日本心不全学会学術集会 基礎研究部門若手研究者賞(YIA) (2014年10月11日)
  8. 牛込亮一 : Ushigome R, Sakata Y, Nochioka K, Miyata S, Miura M, Tadaki S, Sato K, Yamauchi T, Tsuji K, Shimokawa H. Recent trends in clinical outcomes and Prognostic factors in patients with dilated cardiomyopathy -The CHART Studies- 第18回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門若手研究者賞(YIA)(2014年10月11日)
  9. 西宮健介 : Enhanced adventitial vasa vasorum formation in patients with vasospastic angina -Assessment with optical frequency domain imaging-. ヨーロッパ心臓病学会 YIA (2014年8月31日)
  10. 下川宏明 : ヨーロッパ心臓病学会(ESC)学会賞 William Harvey Lecture Award (2014年8月31日)
  11. 鈴木秀明 : 慢性心不全における脳の構造・機能に関する臨床研究 (B-HeFT). 第56回日本老年医学会学術集会優秀演題賞(2014年6月14日)
  12. 長谷部雄飛 : 心室中隔起源心室頻拍の治療に難渋したラミンA/C遺伝子関連家族性拡張型心筋症の一剖検例. 第158回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞(2014年6月7日)
  13. 山内毅 : 慢性心不全患者の予後に及ぼす貧血の影響と左室駆出率の関連 ―CHART-2研究からの報告―. 第158回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞(2014年6月7日)
  14. 神戸茂雄 : 内皮依存性弛緩反応におけるNOとEDHFのバランスは心血管系の恒常性維持に重要である. 第14回日本NO学会学術集会 YIA最優秀賞 (2014年5月17日)
  15. 佐藤公雄 : Basigin Promotes Vascular Smooth Muscle Proliferation and Pulmonary Hypertension. アメリカ心臓協会(AHA) PVD Mid-Career Investigator Award (2014年5月3日)
  16. 下川宏明、伊藤健太 : 文部科学大臣表彰「科学技術賞・開発部門」 (2014年4月7日)
  17. 佐藤公雄 : Circulation Journal Award (日本循環器学会・論文賞) (2014年3月22日)
  18. Suvd Nergui : Molecular and Cellular Mechanisms of Right Ventricular Remodeling in Pulmonary Hypertension. 第78回日本循環器学会学術集会 国際留学生YIA最優秀賞 (2014年3月22日)
  19. 下川宏明 : 平成25年度日本衝撃波研究会・衝撃波シンポジウム Glass Memorial Lecture Award (2014年3月6日)
  20. 高田剛史 : 心不全発症ハイリスク患者における新規心不全発症規定因子 -CHART-2研究-. 日本疫学会学術集会優秀演題賞 (2014年1月24日)
  21. 佐藤公雄 : 2014 Best Reviewers Award of Circulation Journal(日本循環器学会) (2014年1月17日)

このページのTOPへ

2013年
  1. 戴 哲皓 : 肺動脈リモデリングは肺高血圧発症前から出現する:光断層撮影法を用いた検討. 平成25年度医学部学生奨学賞最優秀賞 (2013年12月25日)
  2. 西宮健介 : 第8回高血圧と冠動脈疾患研究会奨励賞 (2013年12月21日)
  3. 佐藤公雄 : サイクロフィリンAを基盤とする心血管病の成因解明と新しい診断・予防・治療法の開発 平成25年度医学部奨学賞金賞 (2013年12月11日)
  4. 大村淳一 : 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症に合併した肺高血圧症に臍帯血幹細胞移植が著効した一例. 第157回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞(2013年12月7日)
  5. 後岡広太郎 : 拡張型心筋症治療成績の時代的変遷の検討 ―CHART研究の知見より― 第157回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞(2013年12月7日)
  6. 鈴木秀明 : Interactions between the Heart and the Brain in Heart Failure Patients Assessed by MRI --Interim Analysis from the B-HeFT Study- 第17回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門YIA最優秀賞(2013年11月30日)
  7. 後岡広太郎 : Prognostic Impact of Statin in Japanese Patients with Heart Failure with Preserved Ejection Fraction --A Report from the CHART-2 Study- 第17回日本心不全学会学術集会 臨床研究部門YIA優秀賞(2013年11月30日)
  8. 西宮健介 : Important Role of Adventitial Vasa Vasorum in the Pathogenesis of Coronary Hyperconstricting Responses after Drug-Eluting Stent Implantation in Pigs in Vivo. American Heart Association (AHA) Scientific Sessions ATVB Travel Award for Young Investigators (2013年11月19日)
  9. 佐藤公雄 : 日本医師会医学研究奨励賞 (2013年11月1日)
  10. 佐藤公雄 : 2013 Top 10 Reviewers Award of ATVB (AHA) (2013年10月17日)
  11. 羽尾清貴 : Emergency Care of Acute Myocardial Infarction and the Great East Japan Earthquake Disaster. 第61回日本心臓病学会 YIA優秀賞 (2013年9月20日)
  12. 西宮健介 : Essential role of polymer coating in the pathogenesis of coronary hyperconstricting responses after drug-eluting stent implantation in pigs in vivo. ヨーロッパ心臓病学会 Best Poster Award (2013年9月2日)
  13. 西宮健介 : Impact of adventitial vasa vasorum in the pathogenesis of coronary vasomotor dysfunction after drug-eluting stent implantation in pigs in vivo. ヨーロッパ心臓病学会 YIA (2013年9月2日)
  14. 川名暁子 : 冠攣縮性狭心症における性差の意義 -冠攣縮研究会における検討- 第23回宮城県女医会研究助成 (2013年7月20日)
  15. 高田剛史 : 心血管病患者において介護が必要となる要因についての検討 −CHART-2研究からの報告― 第19回日本心臓リハビリテーション学会 若手研究者賞 (YIA) (2013年7月13日)
  16. 野田一樹 : 脂質代謝における一酸化窒素とRho-kinaseの役割 ―NO合成酵素欠損マウスにおける検討― 第13回日本NO学会学術集会 Young Investigator Award (YIA) (2013年6月30日)
  17. Alia Ellawindy : Spontaneous Development of Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy in Mice Overexpressing Dominant-Negative Rho-kinase in Cardiovascular System 第77回日本循環器学会学術集会 国際留学生YIA最優秀賞 (2013年3月16日)
  18. 清水亨 : 肺血管リモデリングにおけるROCK2の役割 -肺高血圧症メカニズムの解明- 第42回日本心脈管作動物質学会YIA (2013年2月8日)
  19. 三浦正暢 : 心血管病患者における介護予防必要度と介護予防が必要となる予測因子の検討 第6回日本性差医学・医療学会学術集会 最優秀演題賞 (2013年2月4日)

このページのTOPへ

2012年
  1. 三浦正暢 : 急性心不全入院中のBUN増加は長期予後を予測する 第155回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞 (2012年12月8日)
  2. 高橋貴久代 : Combination therapy with amlodipine and atorvastatin prevents abdominal aortic aneurysm formation in ApoE-deficient mice. Top-5 abstracts, International Forum American Heart Association (AHA) 2012 Scientific Sessions (2012年11月4日)
  3. 下川宏明 : 日本人の虚血性心疾患に関する基礎的・臨床的研究 日本医師会医学賞 (2012年11月1日)
  4. 後岡広太郎 : 東日本大震災で被災した心血管疾患患者の不眠による影響の検討 ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成 (2012年9月27日)
  5. 松本泰治 : 薬剤溶出性ステント留置後の冠動脈過収縮反応の病態解明と新世代冠動脈ステントの開発 平成24年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム (2012年9月20日)
  6. 青木竜男 : The Great East Japan Earthquake Disaster and Cardiovascular Diseases. 第60回日本心臓病学会YIA (2012年9月14日)
  7. 西宮健介 : New Generation Biolimus A9-Eluting Stent Suppresses Coronary Hyperconstricting Responses and Inflammation through Rho-kinase Pathway Inhibition in Pigs-Comparison with a Sirolimus-Eluting Stent- ヨーロッパ心臓病学会YIA(Coronary Pathophysiology and microcirculation部門若手研究者賞) (2012年8月27日)
  8. 二瓶太郎 : 冠攣縮性狭心症患者における東日本大震災の影響 ―Rhoキナーゼ活性に基づく疾患活動性の検討― 第154回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞 (2012年6月2日)
  9. 佐藤公雄 : Rho-kinase - Cyclophilin A系による血管恒常性破綻機構の解明と治療戦略の確立 第37回日本心臓財団研究奨励賞 (2012年3月8日)
  10. 青木竜男 : 東日本大震災の心血管病発症への影響:性差の観点から 第5回日本性差医学・医療学会学術集会最優秀演題賞 (2012年2月4日)
  11. 高木祐介 : 院外心停止から蘇生した冠攣縮性狭心症例の臨床的特徴ならびに長期予後の検討―冠攣縮研究会他施設共同研究からの報告― 平成23年度東北医学会奨学賞 (2012年1月13日)

このページのTOPへ

2011年
  1. 菊地 翼 : 冠攣縮性狭心症の診断と臨床評価におけるRhoキナーゼ活性のバイオマーカーとしての有用性 第153回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞 (2011年12月3日)
  2. 近藤正輝 : 肢体型筋ジストロフィーに合併した非通常型心房粗動により心機能低下をきたした一例 第153回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞 (2011年12月3日)
  3. 佐藤公雄 : 新規酸化ストレス増幅蛋白サイクロフィリンAによる心血管病促進機構 日本脈管学会 Japanese College of Angiology Award (JCAA) (最優秀賞) (2011年10月20日)
  4. 高木祐介 : Clinical implications of provocation tests of coronary artery spasm: safety, arrhythmic complication and type of spasm -A report from the nationwide multi-cnter registry by the Japanese coronary spasm association-. ヨーロッパ心臓病学会YIA(臨床研究部門若手研究者賞) (2011年8月30日)
  5. 松本泰治 : 定期的運動は実験的動脈瘤マウスモデルにおいて腹部大動脈瘤形成を抑制する 第17回日本心臓リハビリテーション学会若手優秀演題セッション最優秀賞 (2011年7月16日)
  6. 王碗亭 : Cardioprotective Effects of Recombinant Human Erythropoietin in Pressure-Overloaded Hearts in Mice in Vivo 第75回日本循環器学会 国際留学生YIA (2011年3月19日)
  7. 瀧井 暢 : Trends in acute myocardial infarction and mortality over 30 years in Japan: Report from the MIYAGI-AMI Registry Study 日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 2010年優秀論文賞(臨床研究部門) (2011年1月21日)

このページのTOPへ

2010年
  1. 佐藤公雄 : 低酸素および酸化ストレスによる心血管病促進機構 平成21年度宮城県医師会奨学賞(銀賞) (2010年1月5日)
  2. 佐藤公雄 : 低酸素および酸化ストレスによる心血管病促進機構 平成21年度東北大学医学部奨学賞(銀賞) (2010年1月15日)
  3. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ) : 平成21年度東北医学会奨学賞 (2010年1月15日)
  4. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ) : 日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 最優秀論文賞(臨床研究部門) (2010年1月22日)
  5. 佐藤公雄 : 日本循環器学会 Young Investigator Award (2010年3月5日)
  6. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ) : Evidence for Rho-kinase activation in patients with pulmonary arterial hypertension 日本循環器学会学会誌 Circulation Journal 2009年最優秀論文賞(臨床研究部門) (2010年3月6日)
  7. 青木竜男 : 心筋の線維化が予後に与える影響―心筋生検の有用性― 第150回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞 (2010年6月5日)
  8. 圓谷隆治 : 循環器内科学 進行性の巨大冠動脈瘤に対し冠動脈バイパス術とコイル塞栓術によるハイブリッド治療を施行したDor術後症例 第150回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞 (2010年6月5日)
  9. 佐藤公雄 : Cyclophilin A is an inflammatory mediator that promotes atherosclerosis 国際Nitric Oxide学会 Young Investigator Award (最優秀賞) (2010年6月17日)
  10. 佐藤公雄 : Cyclophilin A is an inflammatory mediator that promotes atherosclerosis and plaque rupture Asian Society for Vascular Biology, Young Investigator Award (2010年11月21日)
  11. 前田恵 : 心臓カテーテル検査後にアナフィラクトイド紫斑病を急性発症した1例 第151回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門最優秀賞 (2010年12月4日)
  12. 宮道沙織 : 膠原病性肺動脈性肺高血圧症に対する免疫抑制療法の有効性 第151回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門優秀賞 (2010年12月4日 )

このページのTOPへ

2009年
  1. 伊藤愛剛 : ブタ心筋虚血再灌流傷害後の左室リモデリングに対する体外衝撃波治療の抑制効果 第147回日本循環器学会東北地方会YIA最優秀賞 (2009年2月14日)
  2. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ) : Evidence for Rho-kinase activation in patients with pulmonary arterial hypertension 第73回日本循環器学会国際留学生YIA (2009年3月21日)
  3. 中野 誠 : Differential roles of progenitor cells in the arterial development of the abnormal vasculature 第73回日本循環器学会YIA (2009年3月22日)
  4. 佐藤公雄 : 原発性肺高血圧における低酸素誘導蛋白サイクロフィリンAの発現制御とその役割の解明 日本心臓財団・Novartis研究助成優秀賞 (2009年4月1日 )
  5. 佐藤公雄 : A novel molecular marker of atherosclerotic plaque and abdominal aortic aneurysm アストラゼネカ研究助成 2009 (2009年9月1日)
  6. 佐藤公雄 : サイクロフィリンAを用いた活動性大動脈瘤評価法の確立と応用展開 東北大学病院 平成21年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム (2009年9月17日)
  7. 佐藤公雄 : 肺高血圧症における酸化ストレス増幅蛋白発現制御とその増幅機序の解明 先進医薬研究振興財団 第8回 循環医学分野 萌芽研究助成 (2009年10月1日)
  8. 佐藤公雄 : 日本血管生物医学会 Young Investigator Award 最優秀賞 (2009年10月9日)
  9. 佐藤公雄 : 木村記念循環器財団 バイエル臨床血管機能研究助成 優秀賞 (2009年10月18日)
  10. 佐藤公雄 : 酸化ストレスによる肺高血圧症の多面的促進機構の解明 持田記念医学薬学振興財団研究奨励賞 (2009年11月1日)
  11. 柴信行 : 当科で進行中の一万人の心血管コホート研究CHART-2から、急性心不全を対象に複数病院間の戦略の差を検討し、診療戦略・患者背景因子・病院の社会的背景と予後や費用対効果の関連を解明する ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成金 (2009年11月1日)
  12. 佐藤公雄 : アメリカ心臓協会(AHA) Melvin L. Marcus Young Investigator Award (2009年11月15日)
  13. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ) : 東北大学藤野先生記念奨励賞 (2009年12月11日)
  14. 清水亨 : 肺塞栓症を合併した肺動脈原発血管肉腫の1剖検例 第149回日本循環器学会東北地方会YIA症例発表部門優秀賞 (2009年12月12日)
  15. 高木祐介 : 院外心停止の成因および予後:冠攣縮と心室細動の二重誘発試験の重要性 第149回日本循環器学会東北地方会YIA研究発表部門最優秀賞 (2009年12月12日)
  16. 佐藤公雄 : 国際心臓研究学会(ISHR) Young Investigator Award 優秀賞 (2009年12月15日)

このページのTOPへ

2008年
  1. 加賀谷 豊: 心肥大と梗塞後心室リモデリングの病態解明と新たな治療戦略の開発 平成19年度宮城県医師会奨学賞(金賞) (2008年1月5日)
  2. 加賀谷 豊: 心肥大と梗塞後心室リモデリングの病態解明と新たな治療戦略の開発 平成19年度東北大学医学部奨学賞(金賞) (2008年1月18日)
  3. 福井重文: Rho-kinaseの長期阻害は高血圧ラットにおける拡張不全を改善させる 第37回日本心脈管作動物質学会奨励賞 (2008年2月2日)
  4. 多田智洋: Enhanced pulsatile pressure accelerates vascular smooth muscle migration: Implication for atherogenesis of hypertension. 第37回日本心脈管作動物質学会奨励賞 (2008年2月2日)
  5. 珠蘭其其格(ジョラン・チチゴ): Evidence for Rho-kinase activation in patients with pulmonary arterial hypertension. 第1回東北大学肺高血圧国際ワークショップbest abstract award (2008年3月19日)
  6. 中野 誠: マウス下肢虚血モデルにおける血管内皮増殖因子発現,血管新生促進効果におけるエリスロポエチン受容体の重要性 平成19年度東北大学総長賞 (2008年3月25日)
  7. 高木 文 : 内皮依存性過分極反応における一酸化窒素合成酵素系の重要な役割 第8回日本NO学会YIA (2008年5月9日)
  8. 中野 誠 : Genetic deletion of OX40 ligand suppresses the development of atherosclerosis in Apolipoprotein E-Deficient mice. The 9th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Disease ポスター賞受賞 (2008年8月23日)

このページのTOPへ

2007年
  1. 浅海泰栄: 圧負荷による心肥大・心不全におけるエリスロポエチン−エリスロポエチン受容体シグナル伝達系の役割の解明 平成18年度 循環器学研究振興財団 (2007年1月27日)
  2. 伊藤健太: 重症虚血性心疾患に対する非侵襲性体外衝撃波治療法の開発 東北大学病院平成17年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム(継続) (2007年11月27日)

このページのTOPへ

2006年
  1. 浅海泰栄: 心肥大・心不全における血管新生の役割: 新たな治療標的としての可能性の検討 平成19年度BANYU FELLOWSHIP PROGRAM (循環器領域) 2006年1月
  2. 中野 誠: 下肢虚血後の血管新生におけるEpo/EpoR系の役割 ― EpoR KO rescuedマウスにおける検討 ― 第36回日本心脈管作動物質学会研究奨励賞 (2006年3月5日)
  3. 及川美奈子: 第15回日本心臓核医学会 第5回若手研究者奨励賞 優秀賞 (2006年3月23日 )
  4. 佐藤公雄: 炎症関連新規蛋白Cyclophilin Aの血管病変進展における役割 日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成 (2006年3月26日)
  5. 佐藤公雄: 日本心臓財団 バイエル薬品海外留学助成 炎症関連新規蛋白Cyclophilin Aの血管病変進展における役割 (2006年3月26日 )
  6. 下川宏明: アメリカ心臓協会 (AHA) 学会賞(動脈硬化部門)(Jeffrey M. Hoeg Award) (2006年4月29日)
  7. 熊谷浩司: バードユーンハウゼン ハンブルグ 日本心臓財団CRM(Cardiac Rhythm Management)短期海外研修 (2006年5月6日)
  8. 伊藤健太: 重症虚血性心疾患に対する非侵襲性体外衝撃波治療法の開発 東北大学病院 平成17年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム (継続) (2006年9月14日)
  9. 浅海泰栄: Protective role of endogenous erythropoietin/erythropoietin-receptor system against pressure-overload-induced left ventricular dysfunction in mice in vivo. 第10回日本心不全学会 Young Investigator's Award 優秀賞 (2006年10月15日)
  10. 加賀谷 豊: 核医学的手法によるヒト負荷心筋のエネルギー基質代謝と細胞内情報伝達系の評価 平成18年度日本心臓核医学会学会賞 (2006年11月11日)

このページのTOPへ

2005年
  1. 伊藤健太: 東北大学病院平成17年度若手研究者による臨床応用研究推進プログラム 重症虚血性心疾患に対する非侵襲性体外衝撃波治療法の開発 (2005年10月20日)

このページのTOPへ